FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLOS HENRI (クロ・アンリ) へ訪問

マールボロの醍醐味はやはりワイナリー巡りです。ブレナムの町から車で10分走ると色々なワイナリーが点々とあります。 ワイナリーのテイスティングカウンターでの試飲やワイナリーレストランでの食事など、マールボロはワイン好きには最高の所です。

マールボロでのワイナリーの仕事もだいぶ落ち着いてきました。多くのワイナリーではシフト制の24時間のワイナリー稼動が終わり、通常に勤務時間に戻り初めているようです。 仕事も若干落ち着き始めたので、今日は2006年から一年間栽培担当で勤務したクロ・アンリに妻と一緒に行きました。

Clos Henri 看板


理由は昨年建てたばかりの新しいワイナリー施設を見るためです。(勿論ワインの試飲も) クロ・アンリはフランスのサンセールのアンリ・ブルジョワがニュージーランドで設立したワイナリーです。 フランス人がニュージーランドでソーヴィニヨンブランとピノノワール造りに情熱をそそいでいます。 先日ワインメーカーと連絡を取り、今日ワイナリー見学をさせて頂けることになりました。

ピノノワールの発酵槽です。発酵槽を見ただけでクロ・アンリのピノノワールへの情熱が伝わってきます。
Clos Henri ワイナリー
「いつかこんな発酵槽を使いピノノワールを造りたい」 と見とれてしましました。

気さくでフレンドリーなフランス人のワインメーカー Damien(ダミアン)がワイナリーを案内してくれました。
Clos Henri

2010年の発酵が終わりたてのソーヴィニヨンブランとピノノワールをタンクから試飲させて頂きました 
土壌やクローンそして葡萄の木の樹齢などのブロックごとに仕込んだワイン、全て違った個性の良さが素晴らしく表現されています。複数の層のフルーツの風味が豊かなワイン、骨格のしっかりしたワイン、フローラルなアロマが溢れてるワインなどなど、それらがブレンドされ一つのワインになると思うと、仕上がった2010年のワインを買うのが今から楽しみです。

クロ・アンリ2010ヴィンテージ 期待大です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。